Staff Voice ポケラボ社員紹介

  • UIデザイナー
  • プランナー
  • エンジニア
  • プロジェクト マネージャー
  • エンジニア

プランナー 能勢直樹(のせなおき) 人材業界の営業職から一転、ゲーム業界へ。子供の頃から蓄えた膨大なゲームの知識と、学生時代・営業時代に鍛えたロジカルな企画力を駆使し、ポケラボきってのヒットメーカーにのぼりつめる。

社長の熱意と、会社の可能性が入社の決め手に

プランナー 能勢直樹(のせなおき)
子供の頃からゲームが好きで、国内外のあらゆるゲームをプレイし、アマチュアとしてゲームづくりも経験していました。でも、まずはビジネスマンとして基礎的なスキルを身につけたいと考え、大学卒業後に選んだ仕事は人材系の営業でした。

その後、満を持してゲーム業界へ。ポケラボを選んだ決め手は社長の言葉でした。「今後世界中で増えるスマートフォンというデバイスでゲームを作る。そんな革命的な、次元の違うステージで我々は戦っているんだ」というメッセージに強く共感し、入社を決めました。

ソーシャルゲームは、「運営」が本番

プランナー 能勢直樹(のせなおき)
現在は担当アプリケーションのメインプランナーとして、日々の運営業務や改善分析をメイン業務として取り組んでいます。コンシューマゲームと違い、ソーシャルゲームは新規リリースしてからの「運営」が本番。常にユーザーの反応をチェックしながら、より良いゲームづくりのために改善を行う必要があります。

たとえば1日あたりにログインするユーザー数が減っていたら、何が原因なのかと仮説を立て、検証し、具体的な施策に落とし込む。どんな属性のユーザーがどんな行動をとっているのかログを分析し、ユーザーの心理を想像するわけです。それを踏まえ、ゲームの導線やイベントの内容を考えます。「何となく、面白い気がするから」ではNG。「このイベントのどこが面白いのか」をプランナー自ら説明できない企画は、採用されません。

プランナーはゲーム好きであることだけでなく、数値を分析する力や、チームメンバーをロジカルに説得するプレゼンスキルも必要なのです。

小さなお子さんの絵を、キャラクターとして採用!

プランナー 能勢直樹(のせなおき)
もちろん私たちの根本にあるのは「ユーザーに楽しんでもらいたい」という気持ちですし、掲示板などで「面白い!」と盛り上がっているのを見ると嬉しいですよ。

特に印象に残っているのは、『モンスターパラダイス』をプレイしてくれている小学校低学年のお子さんが、「ぼくの考えたモンスター」を絵に描いて写真に撮り送ってくれたこと。そこで私は、グラフィッカーに依頼してイラスト化し、ゲームに登場させてそのユーザー様のプレゼントBOXにそっと入れて置いたんです。するとそのユーザー様が「ぼくの考えたモンスターが本当に登場した!」と掲示板に書いてくれたり、お礼のメールを送ってくれたり。この仕事をしていて良かったな、と思えましたね。

その他にも、毎回のイベントに深みのあるストーリーを盛り込み、エピローグまで楽しんでもらえるようアイディアを出したこともあります。「冒険の世界に没入できて楽しい!これがほしかったんです!」と大反響がいただけて、私も嬉しかったです。

新規タイトルの企画立案という夢も、実現!

プランナー 能勢直樹(のせなおき)
ポケラボではプランナーが常に切磋琢磨できるよう、様々な社内イベントが開かれています。たとえば「ポケラボで最強のプランナーは誰なのか」を決めるディベート大会。嬉しいことに私はここで総合優勝を果たすことができました。

また、新規タイトルの企画書も定期的に提出できる機会があり、上位通過すれば自ら経営陣の前で発表できるんです。実はここで企画が認められ、2014年春には私の考えたタイトルが発表されることになりました! ゲームプランナーとして誰もが憧れる夢なので、叶えることができて誇りに思います。

これからチャレンジしたいのは、市場にまだ存在しない、新たな「面白い」を創造すること。日本だけでなく、世界中のクリエイターと戦えるようなコンテンツを生み出してみたいです。そしてそのためにも必要なのが、ポケラボをもっと強い組織にすること。新人のメンター業務などにもより力を入れ、人を育てられる人材として成長したいと考えています。

未来の同僚へのメッセージ

プランナー 能勢直樹(のせなおき)
私は入社してわずか10か月で、新規プロジェクトに自分の考えた企画を採用してもらえることになりました。

ここには「入社年次に関係なく誰にでもチャンスが与えられる風土」があります。

好きなことを仕事にできる幸せを感じながら、私たちと一緒に世界中へ「面白い」を提供していきましょう。

Planner 能勢 直樹さんのハイテンショングラフ

Planner 能勢 直樹さんのハイテンショングラフ
プランナーとして
自分の可能性にチャレンジしてみたい方は
応募はこちらから
トップへ戻る