Staff Voice ポケラボ社員紹介

  • UIデザイナー
  • プランナー
  • エンジニア
  • プロジェクト マネージャー
  • エンジニア

エンジニア 則政 嘉一(のりまさよしかず) コンシューマーゲーム開発で培ったスキルを武器にソーシャルゲーム業界へ。大手ゲーム会社との共同プロジェクトを経て、今や豊富な知識とスキルを有する頼れるエンジニアに。

好奇心に突き動かされて未知の領域へ

エンジニア 則政 嘉一(のりまさよしかず)
ポケラボに入社する前は、大阪でコンシューマーゲームのエンジニアとして働いていました。プラットフォームはPSPやWii。ジャンルはアクションゲームが中心でした。少人数の会社でしたのでエンジニアの数も少なく、UI設計やキャラクター制御のほか、ポストエフェクトやシェーダーまわりなど、かなり広範囲にわたってゲーム開発に携わることができました。
そして、様々なコンシューマーゲームの開発を経て、エンジニアとして熟れてきた頃、世間では“ソーシャルゲーム”に注目が集まっていました。

「ゲーム」と一括りにしてしまえば同じものですが、モバイルデバイス&SNS機能を駆使して他のプレーヤーとコミュニケーションを取りながら進行していくソーシャルゲームは、それまで自分が関わってきたゲームとはまったく別物でした。

自分にとっては未知の領域。エンジニアとしての好奇心が頭をもたげてきました。特に、数十万人のリアルタイムプレイを可能にするサーバサイドの設計・構築技術等にひかれました。
そして転職を決意し、黎明期のソーシャルゲームメーカー『ポケラボ』に出会い、入社を決めました。

最初に感じたのは、開発の自由度と圧倒的なスピード感

エンジニア 則政 嘉一(のりまさよしかず)
入社してすぐ、サーバサイドの実装をまかされました。過去に経験したことのない仕事でしたが、社内に公開されている他プロジェクトのソースコードやDB構成などを必死に読み解き、見よう見まねで実装していきました。それ以外でもゲームのクオリティアップに貢献できそうなことは改修を提案し、実装しました。コンシューマーゲーム開発で培った技術を活かしてレスポンス向上がはかれるソースコードに書き換えたり、結構自由に多くのトライ&エラーをやらせていただいたと思います。

昔からポケラボには「職域や経験にとらわれず、良いアイデアはどんどん採用する」という風土があります。誰でも自由に挑戦できるこの風土のおかげで、皆、飛躍的に成長できていると思います。

また、「企画⇒開発⇒運営」のスピード感にも驚かされました。ソーシャルゲームにはコンシューマーゲームにはない「運営」というフェーズがあります。リリースしたゲームに対してユーザーからの要望を取り入れたり、ゲームを活性化するために「イベント」を実施したり。とにかくスピードが命です。

極端な言い方をすればソーシャルゲームに「ゴール」はなく、夢中になる面白さを素早く次々に生み出していくことが必要になります。大変な仕事ですが、日々ユーザーの反応を感じることができるのでやり甲斐があります。

知見やスキルを吸収できるエンジニア垂涎の環境

エンジニア 則政 嘉一(のりまさよしかず)
現在は、セガ社と共同で行う大きなプロジェクトを担当しています。本プロジェクトの企画自体はポケラボですが、開発はセガ社と一緒に行います。強力にタッグを組んでの開発です。実際、私は約一年半、セガ社に常駐し、セガ社のエンジニアと共に開発に取り組みました。

この、セガ社やGREEなど大手ゲーム会社の優秀なエンジニアたちと一緒にゲーム開発に取り組めるというのも、ポケラボで働く魅力のひとつだと思います。事実、セガ社などには「この分野ならこの人の右に出る者はいない」という知識の深いスペシャリストがたくさんいます。そればかりか、そういう方たちが長年にわたるゲーム開発で培ってきた「知見」があります。言うまでもなく、最先端の現場だけに存在するものです。

こういった知見に耳を傾けながら共に意見を出し合い、本気でプロジェクトに取り組むことでスキルは格段にアップします。共同で行うプロジェクトは、とてもダイナミックです。

まずは、何にも縛られず自由に発想する

エンジニア 則政 嘉一(のりまさよしかず)
これから先、つくりたいゲームは「ハチャメチャ」なゲームです(笑)。ふざけているわけではなく、独特かもしれませんがゲームを構想するうえでのポリシーみたいなものです。

そもそもゲームはユーザーに“遊び”を提供するものですから、第一に“面白さ”を追求するべきだと思っています。もちろん、ゲームをアプリとして配信するとなれば、サーバーやデバイスのスペック以外にも審査基準や権利関係など、様々な制約が存在とします。当然、最終的にはこれらと折り合いをつけ、バランスの取れたゲームとして開発することになりますが、発想の最初からこれら制約を気にしていては面白いものは生まれないと思っています。

既成の概念や枠にとらわれず、思いっきり自由に発想して「ハチャメチャ」なゲームをつくっていきたいと思います。多くの人々を魅了する突き抜けたゲームって、そういう土壌から生まれると思っています。

未来の同僚へのメッセージ

エンジニア 則政 嘉一(のりまさよしかず)
ポケラボでは、職域にとらわれず比較的自由に誰でもゲームの企画や仕様にアイデアを出すことができます。そして良いアイデアは採用されます。
ですので面白いゲームをつくりたいという強い思いがある人には、やり甲斐を感じられる良い職場だと思います。

ぜひ、私たちと一緒に世間をアッといわせるようなゲームをつくりましょう。

Engineer 則政 嘉一さんのハイテンショングラフ

Engineer 則政 嘉一さんのハイテンショングラフ
この職種にエントリーの方は
下記エントリーボタンからお進みください
応募はこちらから
トップへ戻る